隆鼻術

人工の材料であるシリコンプロテーゼを挿入して鼻を高くする方法です。
使用するプロテーゼは、おもに「L型」と「I型」の大きく2種類がありますが、当院では安全面や仕上がりの美しさ・自然さを考慮してI型を使用しています。また、プロテーゼはヒアルロン酸等と異なり体内に吸収されることなく、残るので一度手術をすれば、定期的に通院する必要はありません。鼻の穴の中から、プロテーゼを挿入するため傷跡も見えることもありません。

隆鼻術に向いているタイプ

  • 半永久的に鼻を高くしたい方
  • 鼻筋の輪郭を出したい方
  • 顔に立体感を出したい方
  • ヒアルロン酸での隆鼻術に満足できなかった方

当院のプロテーゼは、既製のプロテーゼを無理やりお客様に合わせるのではなく、お客様の希望の形や、仕上がりの美しさを考慮したうえで、元々のお鼻の骨格(土台)に合わせてオーダーメイドの形に加工します。高さを出した分、幅も広がってしまうと大きい鼻になってしまうため、高さだけでなく幅も考慮して加工することが大切なポイントになります。

L字型プロテーゼを使用しない理由

L字型プロテーゼは鼻背と鼻尖部の高さを出す点に優れており、取り扱っているクリニックもありますが鼻先の皮膚に負担がかかっている状態のため、炎症や感染が起こり、場合によっては、プロテーゼが飛び出てしまう恐れもあります。

また年月が経つとL字型プロテーゼがだんだん上に上がり、結果、鼻先が上に向くアップノーズとなる可能性もあります。

当院で使用するI字型プロテーゼは、鼻背から鼻先の手前まで挿入することにより、鼻を高くします。I字型プロテーゼ自体は、鼻先に負担がかからないため、L字型プロテーゼで心配される、鼻先のアップノーズや、プロテーゼが飛び出してくるリスクは非常に少ないといえます。

施術の流れ

デザイン

入念なシュミレーションとカウンセリング後、お客様の鼻にフィットするようにプロテーゼを加工します。その後デザインしていきます。

麻酔

麻酔注入時の痛みを最小限にするため、極細針で局所麻酔(極細針)と笑気麻酔と静脈麻酔を行います。眠っている間に手術が行われるため痛みを感じることはほぼありません。

手術中

鼻の穴の内側を切開し、その部分から骨膜下にプロテーゼのスペースを確保し挿入します。
プロテーゼ挿入後は、プロテーゼのズレを予防するために、鼻の皮膚の上から茶色テープで固定します。

術後は、しばらくお休みいただいてから、医師が違和感や出血などがないことを確認して、お帰り頂けます。傷口は溶ける糸で縫合しているため、後日の来院は不要です。

ダウンタイム

手術時間
30分程
抜糸
なし
固定
術後3日目にご自身で外してください。プロテーゼが完全に固定化するには、平均3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。
腫れ・内出血
約1週間ほど強い腫れがでます。個人差や体質もあり、腫れが長引くこともあります。鼻周りに内出血がでますが、約1~2週間ほどで消失します。
傷跡
鼻の内側からのアプローチのため、傷跡が顔の表面から見えることはありません。
洗顔・メイク
当日不可。術後1日目~術後2日目までは固定部以外は可能。
3日目の固定抜去後、通常通り可能。
シャワー・シャンプー
当日不可。術後1日目~術後2日目までは、首から下は可能。
3日目の固定抜去後、通常通り可能。
入浴
術後1週間後から可能。
眼鏡・運動・マッサージ・うつぶせ寝
術後1ヵ月後から可能。

手術当日に、腫れが心配な方は、帽子・マスクをご持参ください。

小鼻縮小術

小鼻縮小とは、医学的に「鼻翼」と呼ぶことが多く、小鼻が横に大きく広がり、鼻が大きく見える方が、適用となります。
鼻全体とのバランスを考慮しながら、小鼻の一部(内側か外側もしくは、内側+外側)を切開し縫合することで、小翼を縮小し大きい鼻の穴や、小鼻の張り出しを改善することができます。

小鼻縮小術に向いているタイプ

  • 小鼻が張り出している
  • 笑った時に小鼻が広がる
  • 小鼻が大きい
  • 鼻の穴が目立つ

小鼻縮小術のアプローチ方法

小鼻縮小は、それぞれアプローチする方法が鼻の穴の内部を切開する内側法と、小鼻の境目を切開する外側法の2種類があります。ひとりひとりの顔のバランスや小鼻の厚さ、鼻の横幅に合わせて、ご提案・シュミレーションしていきます。 手術前には、デザイン時に切除範囲をお客様に見て頂いた上、手術を始めます。

内側法

鼻の穴の内側は大きいが、小鼻は外側に張り出していない(あぐら鼻ではない)or僅かに張り出しているという鼻の人にお勧めです。

施術方法

鼻の穴の付け根(鼻翼内側)から鼻腔底のところまで皮膚・皮下組織を切りとります。
小鼻の外側に傷を残さず、鼻の穴の中で切除し、小鼻の幅を狭く、小さくします。
傷跡は、鼻の穴の中から小鼻の付け根の辺りまでのため、小鼻の外側まで傷跡は残りません。

外側法

鼻の穴は大きくないが、小鼻が大きく外側に張り出していている人や弯曲大きい鼻の人に行います。小鼻の外側の溝に沿って切開をしていき、小鼻の外側(鼻の穴の周りの皮膚・組織)を縮小することで小鼻のボリュームが小さくなり鼻が小さくなった印象となります。小鼻の外側の溝に沿って切開するため、傷跡は小鼻の外側の溝に見えますがきれいに縫合すれば傷が目立つのは術後早期のみです。

内側法+外側法

鼻の穴が大きい且つ、小鼻が大きく外側に張り出しているという方には、鼻の穴の中から外側にかけて余分な皮膚・組織を切除する内側法+外側法で手術をすると、小鼻の幅と鼻の張り出しが減少し、効率よく鼻を小さくすることができます。

併せて行うことがある施術

鼻の穴の付け根(鼻翼内側)から鼻腔底のところまで皮膚・皮下組織を切りとります。
小鼻の外側に傷を残さず、鼻の穴の中で切除し、小鼻の幅を狭く、小さくします。
傷跡は、鼻の穴の中から小鼻の付け根の辺りまでのため、小鼻の外側まで傷跡は残りません。

団子鼻の方に、小鼻縮小術のみ行うと、鼻の横幅のみ狭くなりその中に丸い鼻尖が存在しますから相対的に団子鼻が強調されてしまいます。そのため、団子鼻が気になり方は小鼻縮小術ではなく、鼻尖形成術がお勧めです。

施術の流れ

デザイン

お客様と入念なシュミレーションとカウンセリング後、お鼻の状態に合わせた施術法でデザインしていきます。

麻酔

麻酔注入時の痛みを最小限にするため、極細針で局所麻酔(極細針)と笑気麻酔と静脈麻酔を行います。眠っている間に手術が行われるため痛みを感じることはほぼありません。

手術中

麻酔をした後、デザインに沿って皮膚や皮下組織の切除幅を調整していきます。
術後の傷跡を目立たせないために、極細の糸を使用し、丁寧に縫合します。

術後は、しばらくお休みいただいてから、医師が違和感や出血などがないことを確認して、お帰り頂けます。傷口を縫合しているため、術後1週間後に抜糸の来院が必要です。

ダウンタイム

手術時間
60分程
抜糸
あり。術後1週間後。
固定
なし。
腫れ
約1週間ほど腫れがでます。個人差や体質もあり、腫れが長引くこともあります。
内出血:鼻周りに内出血がでますが、約1~2週間ほどで消失します。
傷跡
【内側法】鼻の内側からのアプローチのため、傷跡が顔の表面から見えることはありません。
【外側法】術後1ヶ月ほどは赤みがありますが、2〜3ヶ月経つと細い白い線のようになっていきます。
洗顔・メイク
当日不可。術後1日目~術後2日目までは固定部以外は可能。
7日目の抜糸後、通常通り可能。
シャワー・シャンプー
当日不可。術後1日目~術後2日目までは、首から下は可能。
7日目の抜糸後、通常通り可能。
入浴
抜糸後の週間後から可能。
運動・マッサージ
術後1ヵ月後から可能。
眼鏡・運動・マッサージ・うつぶせ寝
術後1ヵ月後から可能。

手術当日に、腫れが心配な方は、帽子・マスクをご持参ください。

鼻尖形成

団子鼻のような丸みのある鼻先を細くスッキリとさせる手術です。丸みのある鼻は「鼻先をつまんだ状態」を持続固定させるために、鼻尖部の軟骨を中央に縫い寄せ、余分な脂肪を取り除きます。当院では、最初にお客様のあらゆる角度から見た時の最善の形態を考え、お悩みに適した方法をご提案いたします。

  • 鼻先の形で悩んでいる
  • 鼻をもっと小さく、きれいに見えるように治療したい
  • 鼻の軟骨が平べったいので、鼻先が丸く見える
  • 鼻先の脂肪が多いので鼻が大きく見えてしまう

外国人のように鼻先がすっきりと細い鼻は、鼻の穴は縦長で中央向きに寄り添っています。これは、鼻翼軟骨の間の軟部組織が少なく、鼻翼軟骨が広がらず、左右密着しているからです。

一方、アジア人に多い典型的な団子鼻は、鼻の穴が丸く左右に広がったような形をしています。これは、鼻翼軟骨の間に軟部組織(皮下脂肪や脂肪)が詰まり、鼻翼軟骨が広がっているためです。

鼻尖形成術のアプローチ方法

当院の鼻尖形成は、「オープン法」と呼ばれる方法で行っております。
鼻尖形成のオープン法は、左右の鼻の穴の中を切開し、さらに鼻柱の付け根部分を切開する術式です。

オープン法は、切開線が少々残るデメリットもあり抵抗がある方もいらっしゃいますが、視野が広くとれる分、手術のしやすさと正確性が高まるため、パフォーマンスが上がり、理想のお鼻により、近づけやすくなります。

施術の流れ

デザイン

お客様と入念なシュミレーションとカウンセリング後、デザインしていきます。

麻酔

麻酔注入時の痛みを最小限にするため、笑気麻酔と静脈麻酔で眠っている間に極細針で局所麻酔を行い、手術が行われるため痛みを感じることはほぼありません。

手術中

麻酔をした後、デザインに沿って皮膚や軟部組織の切除をしていきます。
術後の傷跡を目立たせないために、極細の糸を使用し、丁寧に縫合します。

術後は、ギブスで固定されています。しばらくお休みいただいてから、医師が違和感や出血などがないことを確認して、問題がなければお帰り頂けます。傷口を縫合しているため、術後1週間後に抜糸の来院が必要です。

ダウンタイム

手術時間
2時間程
抜糸・固定抜去
あり。術後1週間後。
固定
なし。
腫れ
約1週間~2週間腫れがでます。個人差や体質もあり、腫れが長引くこともあります。
内出血
鼻周りに内出血がでますが、約1~2週間ほどで消失します。
血液の色素が残り、茶色っぽく見えることがありますが、半年~1年くらいで自然に分解されていきます。
傷跡
【オープン法】鼻柱や鼻の穴の中に傷跡ができます。傷の赤みは、数ヵ月かけて徐々に目立たなくなるが、完全に消えることはありません。3~6ヵ月程は傷口が、硬くなりますが徐々に硬さは改善されます。
洗顔・メイク
当日不可。1週間後の抜糸・抜去後、通常通り可能。(患部を濡らさないようであれば翌日から可能。)
シャワー・シャンプー
当日不可。1週間後の抜糸・抜去後、通常通り可能。
(患部を濡らさないようであれば翌日から可能。)
入浴
1週間後の抜糸・抜去後、通常通り可能。
運動・マッサージ
術後1ヵ月後から可能。

手術当日に、腫れが心配な方は、帽子・マスクをご持参ください。

ヒアルロン酸

~ハリのあるお肌へ導くヒアルロン酸注入~

ヒアルロン酸は体内にある成分で、1gで6リットル(1リットルのペットボトル6本分)もの水分を保つほど保水力に優れており、肌の弾力性・ハリを保つためには重要な成分です。
しかし、このヒアルロン酸は加齢と共に減少するため、肌のハリや弾力が低下してシワが目立ってきます。
このシワ部分へヒアルロン酸を注入することで、内側からシワを持ち上げ改善することが可能です。
当院ではヒアルロン酸の硬さや粒子の大きさごとに、注入部位に適したものを各種取り揃えておりますので、シワだけでなくクマの改善から鼻を高くするなどのプチ整形まで様々な悩みに対応が可能です。
どのヒアルロン酸製剤が良質で効果が高いのかは、専門の医師でないと判断が難しいものです。
当院ではジュビダームビスタ認定医の院長がお悩みに適したヒアルロン酸注入をご提供致します。

ヒアルロン酸注入でできること

①若返り

  • 額、眉間の深いしわ
  • まぶた、目の下の凹み
  • 目の下のクマ
  • こめかみの凹み
  • 法令線
  • ゴルゴライン(ミッドチークライン)
  • マリオネットライン
  • 頬のリフトアップ

②プチ整形

  • 鼻根を高く
  • スッと通った鼻筋に
  • 唇をふっくらと
  • 口角を上げる
  • 顎をシャープに など

当院で取り扱うヒアルロン酸は、信頼性の高い3社に絞っています。
ボトックスで有名なアラガン社製のジュビダームシリーズ
韓国ナンバーワンの化粧品メーカーのアモーレパシフィック社製のクレヴィエルコントア
ヒアルロン酸注入剤の販売数では世界トップ3の製品である TEOXANE社(スイス)製のテオシアルシリーズ

アラガン社製ジュビダームシリーズについて

ボトックスでも知られるアラガン社のヒアルロン酸注入剤は、FDA認可+厚生労働省認可の薬剤で非動物性由来なので品質の安全性が確認されています ジュビダームシリーズは世界130カ国以上で認可され、世界のヒアルロン酸シェアの40%以上でシェアナンバーワンのヒアルロン酸製剤です

ジュビダームビスタシリーズ

~より進化したヒアルロン酸!~

新製法VYCROSS(バイクロス)技術によって、分子同士の網目構造が密であることで、体内の水分を吸収しづらくなり、長期持続が可能となりました。使用目的により使い分けることができ、その部位に適したリフト力と注入後の優れた成形性もこのVYCROSS(バイクロス)技術の特徴です。

VYCROSSR技術で実現したボリューマXC、ボリフトXC、ボルベラXCの特性

①長期持続性

新技術によりヒアルロン酸注入後の分解酵素が入りにくいため、分解吸収が緩徐に進み、これまでのヒアルロン酸よりも長期間にわたり効果を維持することが可能になりました。

②低吸水性

同じアラガン社のジュビダームビスタウルトラやジュビダームビスタウルトラプラスに比べて強固に架橋されており、密な網目構造のヒアルロン酸ネットワークにより水分を取り込みにくく、膨潤しにくくなっています。→ 腫れにくい

③リフト力・成型性

適度な弾性と凝集性の面で非常に優れています。
思い描くラインの成形を実現しやすく、さらに注入後の変形が起こりにくいという利点があります。

④組織親和性

ヒアルロン酸ゲルがより皮膚の組織に馴染みやすいという結果が出ており、個人の表情に合わせた自然な仕上がりが期待できるということになります。

当院で取り扱うジュビダームシリーズのヒアルロン酸

ボリューマXC

~シワ・たるみ取り、顔のバランス調整に!~

ボリューマXCは、適度な硬さがあり、深い層への注入が可能です。 ボリューマ XCは、低吸水性で硬いため、皮下に垂直に注入すると、ボリューマ XCが支柱の役割をしてくれるので、皮膚を引っ張り上げることができます。
皮膚が上に引っ張られることで、シワをのばし、たるみを持ち上げ、顔のボリュームロス(凹み)を改善することができます。
ボリューマ XCは低吸水性なので、個人差はありますが、効果の持続期間が約2年程度と長持ちすると言われています。従来のヒアルロン酸注入剤の3~4倍の持続力になります。

ボリフトXC

~顔のシワ、溝の改善に!~

ボリフトXCは、他のヒアルロン酸と比べても、非常に柔らかくなじみのよいヒアルロン酸です。シワや溝の下にボリフト XCを注入し、シワや溝を下から上に持ち上げます。
硬いヒアルロン酸の場合、皮膚の表面に近い浅い層に入れてしまうと表面がデコボコしてしまいますが、ボリフトXCは皮膚の浅い層に注入してもでこぼこ感が非常に出にくくなっています。
個人差はありますが、ボリフト XCは濃度が低いにも関わらず、約12~約18ヶ月持続します。

ボルベラXC

~印象的な唇に!~

ボルベラXCは、特に繊細な肌のために作られたヒアルロン酸製剤で、ほかのヒアルロン酸製剤と比べ、薄くて柔軟なテクスチャーをしています。それにより、唇に自然なボリュームを与え、リップラインの形成を行います。
持続期間は、個人差はありますが、約12ヶ月持続します。

クレヴィエルコントアについて

~世界初の鼻・顎造形専用ヒアルロン酸!~

ボルベラXCは、特に繊細な肌のために作られたヒアルロン酸製剤で、ほかのヒアルロン酸製剤と比べ、薄くて柔軟なテクスチャーをしています。それにより、唇に自然なボリュームを与え、リップラインの形成を行います。
持続期間は、個人差はありますが、約12ヶ月持続します。

世界一高濃度・高密度・高硬度のヒアルロン酸と言われており、持続率も高く、注入するプロテーゼとも言われるほどです。
クレヴィエルコントアは、鼻や顎の形成に最適です。
従来のヒアルロン酸は、鼻に注入すると経過とともに横に流れてしまい、かえって鼻が潰れて見えてしまうというデメリットがありました。クレヴィエルコントアなら、粘度が高いので、注入後に横に流れにくく、注入後の形状が保ちやすい事から、美しい形を長期間キープできます。
完全吸収までの持続時間は約12~15か月と長期間持続します。

通常のヒアルロン酸では、架橋剤(化学物質BDDE)を添加することで硬さを出します。
一方、ヒアルロン酸の分子を高密度化することで物理的架橋を与え、最小限の架橋剤(化学物質BDDE)で作られます。

=添加物・不純物が少ないということになります。
添加物が少ないと注入後の腫れやアレルギーなどの 副作用を軽減することができます。

~美人の条件 Eラインで横顔美人に!~
Eラインとは、横顔の鼻先と下アゴの突端部を直線で結んだラインのことです。
正式にはエステティックラインと言います。この線上や内側に唇が納まっている横顔が美しいと、1954年に歯科医ロバート・リケッツが提唱した美の基準のひとつです。
横顔から見て、人差し指を鼻先とアゴ先にまっすぐ付けた時に唇が人差し指につかない・もしくは少し触れる程度の状態が理想のEラインと言われています。

クレヴィエルの注入だけで手術を受けずに、鼻筋を通し、顎のボリュームを出すことでEラインを整えることが可能です!
手術と違い、ダウンタイムも短く、万が一元に戻したいという場合でもヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する酵素を注入することで元に戻すことが出来ます。
初めて鼻や顎の美容施術を受けられる方や、なかなかダウンタイムが取れない方にクレヴィエル注入は特に人気の施術です。

テオシアルリデンシティについて

テオシアルは2008年Aesthetic Medicine Awardsの「Injectable Product of The Year(年間最優秀注入剤賞)」を受賞し、患者の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。

テオシアルリデンシティは、注入する美容液と呼ばれているRedensity(リデンシティ)は、8種類のアミノ酸、3種類の抗酸化物質、2種類のミネラル、およびビタミンB6を全て医療品グレード、非アレルギー性の成分として配合し注入することによって真皮密度を増加させることができるヒアルロン酸製剤となります。

成分

  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸(グリシン、リジン、スレオニン、プロリン、イソロイシン、ロイシン、バリン、アルギニン)
  • 抗酸化物質(グルタチオ、N-アセチル-L-システイン、アルファリポ酸)
  • ミネラル(亜鉛、銅)
  • ビタミンB6

テオシアルリデンシティⅡ

目の周囲と小じわに特化したヒアルロン酸で、自然な持続効果の高いジェルです。
目のくまの補正、目周辺の小じわ改善など、デリケートな箇所にハリや潤いを取り戻す治療に最適で、従来品に比べ注入後のハレやむくみに配慮されています。

テオシアルピュアセンスキス

唇周囲の敏感な部位を治療を目的としたヨーロッパCEマーク取得の口唇専用のヒアルロン酸です。唇の強調、唇や唇上下の細かいシワの改善に向いており、触れた時の柔らかさが自然でふっくらとみずみずしい唇を形成します。

~当院のヒアルロン酸注入の針について~

当院では、痛みに配慮し細い針を使用して注入しています。
注入箇所により、血管や神経を傷つけにくいマイクロカニューレを使用して注入します。

マイクロカニューレが血管や神経を傷つけにくい理由

針の素材が柔らかい

マイクロカニューレは柔らかいので、力を軽く加えただけで、カーブ状に曲がります。
柔らかい針にすることで、毛細血管を傷つけづらくなり、個人差はありますが、内出血のリスクを減らすことができます。

丸い針先

マイクロカニューレの先の部分は丸くなっています。
針先がとがっていると、毛細血管に多く突き刺さるリスクがありますが、マイクロカニューレは針先がとがっていないため、毛細血管を傷つけづらくなり、個人差はありますが、内出血のリスクを減らすことができます。

針が曲がる

マイクロカニューレは柔らかい針なので、医師の思い通りにコントロールしやすいです。
また針穴が横についているため、マイクロカニューレを回すことで、360度注入したい方向にヒアルロン酸を注入することができます。そのため、何度も針を刺しなおさずに思い通りに注入が可能です。

★痛みがご心配な方は、痛みを最小限にした注入方法をご提案致しますので、是非ご相談くださいませ。

次に当てはまる方はヒアルロン酸注入をお断りする場合がございますのでご了承ください。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 過去にヒアルロン酸でアレルギー反応を起こしたことのある方
  • 糖尿病で血糖値のコントロール不良の方
  • 注入部位に細菌やウイルス感染がある方
  • 当日飲酒をしている方

施術後の注意点

  • 注入直後に注射針を刺した穴からの微量の出血や注入部位の赤み、違和感が見られる場合がございます。医師・看護師が処置し、通常であればすぐに出血は止まり、赤みも引いていきますのでご安心ください。
  • 稀に治療部位とその周辺に赤みや違和感が3日間ほど見られる場合があります。また、周辺皮膚との境目が凹凸になってしまうこともありますが、1週間以内で引いていきます。
  • 注射針を入れた場所に皮下出血が起こった場合、小さいながら紫色の跡が残ることがあります。数日~10日程度でなくなりますが、その間はメイクやマスクの使用などでカバーしていただきます。
  • 注入後は治療部位を触らないようにしましょう。
  • メイクは翌日から可能です。
  • 注入当日の飲酒・激しい運動はお控えください。
  • 温めすぎは内出血が広がる可能性がございますので、温泉・サウナ・長時間の入浴は控えシャワーで軽く済ませましょう。
Luxe Beauty Clinic (リュクス ビューティー クリニック)
診療内容
美容外科、美容皮膚科
所在地
福岡市中央区赤坂1丁目14-35 赤坂門AIビル3F
アクセス
福岡市地下鉄空港線「赤坂駅」より徒歩1分
092-753-9795
:月に1度、日曜休み
休診日:月曜、木曜
診療時間 日祝
10:00~19:00